タテワレ・デイズ

タテワレ・デイズ

野性的な体で社会生活したい主婦のブログ 腹筋縦割れを再び目標に掲げ、今度こそまぶしい縦割れをものにしたい! でも横割れまではいらないかな お気楽なエコ思想がライフワーク 健康管理・子育て・自分のブロック解放などについて書いていきます

アメリカ人の友達の結婚を知って。その後。-気持ちいい「パーフェクト!」の使い方とWhy Not Now

 

友達の結婚の連絡を受けて。

www.tateware-days.com

 

その後。

 

その日は何をしていても、そこにある幸せを感じました。

 

ずっと咲くのを待っていたアイスクリームチューリップが咲いて感動したり。

f:id:palamochi:20180415114628j:image 

息子が私の手を枕にして寝た後にそっと手を抜いたらよだれびっしょりになっていて、「これはなんて幸せなことだろう!」と噛みしめたり。

 

結婚ハイになってました。

 

だんなも妹も、ふたりの結婚に肯定的でした。

 

 

祝福を伝えたら

英語メールの返信には時間がかかるのですが、結婚のお祝いだけ書いた短いメールを早く送りたくてすぐに送りました。

 

桜の季節に婚約したふたりに、息子が桜吹雪をしている動画をフラワーシャワーとして送りました。

英語ではpetal tossと言いました。

 

友達からもすぐに返事が来て、最高に喜んでくれているようでした。

 

今までで最高の動画だ!

マジで今まで最高のメールだ!

 

と書かれていました。

 

単語は best や coolest や great がたくさん出てきました。

 

彼女とやりとりすると、私も気持ちが上がってくるんです。

 

best なものがひとつではないし。

彼女にかかると、best がたくさん存在しています。

 

日本で会っていた頃も、彼女がすぐ Perfect! という言葉を使っているのが印象的でした。

 

そう、私からしたらぜんっぜんパーフェクトじゃないことに対しても彼女にとっては Perfect! なのでした。

 

当時、息子のしていることについても Perfect! を連発してくれました。

 

その場にだんながいた時には、私はだんなとこっそり目を合わせて笑っていました。

 

「こんなことにもパーフェクトだってさ(笑)!」という日本人的な笑いを共有していました。

 

彼女は、"できてないこと"にはフォーカスしていないんだと思います。

"できてること"に意識が向いているんだと思います。

 

あのパーフェクトの使い方が気持ち良くて忘れられません。

パーフェクトと言いつつ、決して完璧主義ではなくてゆるい感じ。

だから認められている気にさせてくれて、自信が出てくるんです。

 

 

彼女のステージを目指す

自信をもらっている私も、そんな高いステージにいる彼女に近づきたいです。

 

結婚の報告と一緒に、彼女が立ち上げた組織についても教えてくれました。

 

その組織名が、Why Not Now。

 

そのイメージを、「今でしょ!」の言葉に迫力が増したもの、として私は受けとりました。

 

Why Not Nowという言葉を書いたものを、先延ばしにしがちなところに貼っておいたら、先延ばしにできなくなりそうな感じです。

 

流しに貼ったりしたら、洗いものをすぐにしてしまいそうです(^-^;

 

今という時間の積み重ねだけが自分を成長させることを理解したところだったので、これまた彼女には最高のタイミングで最高の言葉を示してもらいました。

 

電車内の広告で、こんな広告がありました。

英会話スクールのGABAのものです。

f:id:palamochi:20180415113851j:image

 ▲1年後の自分は進んでいました

 

1年後の自分を作ったものは、今現在したことや思考したことの積み重ねです。

1年後までの自分がしたことではないんですよね。

 

f:id:palamochi:20180415115259j:image

▲別バージョン

 

頑なな「今の私」 を「1年後の私」は説得できた模様。

 

「今の私」に理解できる、取っ掛かる気になるもの(餌!)を見せることができたんだろうなと思います。